ニキビ跡ナッシングのつるっと肌~フィットする治療で綺麗肌~

女性

にきびの治療

鏡を見る人

皮膚科での治療

京都でにきび跡をとるには、どの様にしたらよいでしょうか。出来るだけ、自分で治せるならそれに越したことはなさそうですが、なかなかきれいににきび跡まで無くすことは難しいようです。京都では、にきび跡を治療してもらえる専門病院、クリニックは多数あります。その中で、自分に合ったところを選んでいきたいものです。一般的に皮膚科での治療では、軟膏やクリームなど外用薬の処方によって治療が行われています。炎症間で出ている場合には、消炎作用のある外用薬を用いることで、症状が早く良くなることがあります。そうした、にきびの種類、状況等に合わせて処方してもらえるところが、専門病院、クリニックを受診するメリットとも言えそうです。

にきびの治療

京都では数多くの皮膚科やクリニックがありますが、先生によって得意とする治療法があります。患部に塗る外用薬はほぼどの皮膚科でも取り扱っていますが、他の方法で治療する場合もあります。京都では、ホルモン治療によって、改善を図るクリニックもあります。これは、大人になってから出来るにきびの原因となる男性ホルモンを抑える働きのある薬を服用する治療法です。根本原因から治療していきますので、再発率を抑えることが出来るとのことです。ピーリングという方法もあります。これは、古い角質を根こそぎ取ってしまう方法で、肌への負担はありますが、肌再生を促進する効果を持っています。レーザーを当てる方法では、にきび跡へレーザーで皮脂を取り除くことが可能となっています。